デュピクセントの特性


デュピクセントの投与対象患者、投与方法

「あてる、押す」の2 Step デュピクセント®皮下注300mgペンが承認されました

  • デュピクセントは、既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎患者さんに投与していただけます。
  • 投与開始日に600mgを皮下注射し、その後、2週間に1回300mgを皮下注射します。
  • 医師により適用が妥当と判断された患者については、自己注射も可能です。

※デュピクセントの剤形には、1回使い切りの安全カバー付きプレフィルドシリンジもあります。

デュピクセント®皮下注300mgペンによる自己注射

デュピクセント®皮下注300mgペンによる自己注射

監修 NTT東日本関東病院 皮膚科
   部長 五十嵐 敦之 先生
患者さんがデュピクセントをペンで自己注射する際の手技動画で
す。
ご指導の際のご参考にしてください。

再生時間 9’48’’

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる皮下注射
デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる皮下注射

監修 NTT東日本関東病院 皮膚科
   部長 五十嵐 敦之 先生
デュピクセントの皮下注射の手技や投与の際の注意点を動画でご覧いただけます。

再生時間 1’58’’

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる自己注射
デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる自己注射

監修 NTT東日本関東病院 皮膚科
   部長 五十嵐 敦之 先生
患者さんがデュピクセントをシリンジで自己注射する際の手技動画です。
補助具を使用する場合、使用しない場合のどちらも確認できます。

再生時間 12’51”

注射可能部位

 腹部(へその周り5cmは避ける)、大腿部、上腕部(二の腕)の皮下に注射します。

  注意

  • 正常な皮膚の部位に注射してください。皮膚が敏感な部位、皮膚に損傷、打撲や傷のある部位、アトピー性皮膚炎の強い炎症を伴う部位への注射は避けてください。
  • 前回注射した部位とは違う部位に注射してください。
  • 腹部に注射する場合は、左図のように上下左右で4ヵ所に分けて前回の注射とは別の箇所を選んで注射してください。

詳細は取扱説明書を参照のこと

※自己注射に適した部位は、へそ周り以外の腹部または太ももです。

投与スケジュール

4. 効能又は効果(抜粋)
○既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎

5. 効能又は効果に関連する注意(抜粋)〈アトピー性皮膚炎〉
5.1 ステロイド外用剤やタクロリムス外用剤等の抗炎症外用剤による適切な治療を一定期間施行しても、十分な効果が得られず、強い炎症を伴う皮疹が広範囲に及ぶ患者に用いること。[添付文書17.1.1、17.1.2 参照]

5.2 原則として、本剤投与時にはアトピー性皮膚炎の病変部位の状態に応じて抗炎症外用剤を併用すること。

5.3 本剤投与時も保湿外用剤を継続使用すること。

6. 用法及び用量(抜粋)〈アトピー性皮膚炎〉
通常、成人にはデュピルマブ(遺伝子組換え)として初回に600mgを皮下投与し、その後は1回300mgを2週間隔で皮下投与する。

7. 用法及び用量に関連する注意〈アトピー性皮膚炎〉
7.1 本剤による治療反応は、通常投与開始から16週までには得られる。16週までに治療反応が得られない場合は、投与中止を考慮すること。

MAT-JP-2006598-1.0-11/2020