デュピクセント®の特性

デュピクセントはIL-4、IL-13のシグナル伝達を阻害することで、喘息の気道炎症の主体であるType2炎症反応を上流から下流まで広範囲に抑制します

デュピクセントは、IL-4受容体複合体(IL-4Rα/γcもしくはIL-4Rα/IL-13Rα1)及びIL-13受容体複合体(IL-4Rα/IL-13Rα1)に共通のIL-4受容体αサブユニット(IL-4Rα)に特異的に結合することにより両受容体複合体の形成を阻害し、IL-4、IL-13の両方のシグナル伝達を阻害する遺伝子組換えヒト型モノクローナル抗体です。
図1:

Type2炎症反応におけるデュピクセントの作用機序

デュピクセントはIL-4、IL-13のシグナル伝達を阻害することで、Th0細胞からTh2細胞への分化・増殖、B細胞からIgE産生細胞へのクラススイッチ、好酸球の血管から気道組織への遊走、気道上皮での杯細胞過形成及び粘液産生、平滑筋肥大などが抑制され、喘息発作の増悪抑制や呼吸機能の改善が得られると考えられます。
【監修】
東京理科大学 生命医科学研究所 分子病態学研究部門 教授
理化学研究所 統合生命医科学研究センター サイトカイン制御研究チーム 久保 允人 先生
図2:
  • 喘息の主な病態は、Th2細胞とグループ2自然リンパ球(ILC2)、及びこれらが産生するサイトカインによって活性化される好酸球、マスト細胞などが主体となるType2炎症反応であると考えられています。
  • Type2炎症反応における主要なサイトカインはIL-4、IL-5及びIL-13です。
  • Th0細胞は、抗原提示細胞からの抗原刺激及びIL-4により、Th2細胞へ分化します。
  • B細胞は、IL-4によりIgE産生細胞へクラススイッチします。
  • 好酸球は、IL-5により主に骨髄で分化・増殖し、IL-4、IL-13によって誘導された接着分子VCAM-1及びCCケモカインにより血中から組織へと遊走されます。
  • このほか、IL-13は気道上皮の杯細胞過形成と粘液産生の亢進、平滑筋の肥大・増生等に関与しています。

喘息におけるType2炎症 ~Image Movie~

再生時間:3分31秒
SAJP.DUP.19.05.1040