デュピクセント®の特性

デュピクセントの投与対象患者、投与方法

  • デュピクセントは、気管支喘息患者さん(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない重症又は難治の患者に限る)に投与していただけます。
  • デュピクセントは、1シリンジにデュピルマブ(遺伝子組換え)300mgを含有するプレフィルド・シリンジです。
  • 投与開始日に600mgを皮下注射し、その後、2週間に1回300mgを皮下注射します。

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる皮下注射

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる皮下注射

監修 NTT東日本関東病院 皮膚科
   部長 五十嵐 敦之 先生
デュピクセントの皮下注射の手技や投与の際の注意点を動画でご覧いただけます。
再生時間:1分58秒

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる自己注射

デュピクセント®皮下注300mgシリンジによる自己注射

監修 NTT東日本関東病院 皮膚科
   部長 五十嵐 敦之 先生
患者さんがデュピクセントの自己注射をする際の手技動画です。
補助具を使用する場合、使用しない場合のどちらも確認できますので、ご指導の際の参考にしてください。
再生時間:12分48秒

注射可能部位

腹部(へその周り5cmは避ける)、大腿部、上腕部(二の腕)の皮下に注射します。
注意
  • 正常な皮膚の部位に注射してください。皮膚が敏感な部位、皮膚に損傷、打撲や傷のある部位、アトピー性皮膚炎の強い炎症を伴う部位への注射は避けてください。
  • 前回注射した部位とは違う部位に注射してください。
  • 腹部に注射する場合は、左図のように上下左右で4ヵ所に分けて前回の
    注射とは別の箇所を選んで注射してください。
詳細は取扱説明書を参照のこと

投与スケジュール

【効能又は効果】 気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない重症又は難治の患者に限る)

〈効能又は効果に関連する使用上の注意〉(一部抜粋)
〇気管支喘息の場合

  1. 最新のガイドライン等を参考に、中用量又は高用量の吸入ステロイド薬とその他の長期管理薬を併用しても、全身性ステロイド薬の投与等が必要な喘息増悪をきたす患者に本剤を追加して投与すること。
  2. 本剤はIL-4及びIL-13シグナル伝達を阻害することにより、喘息の病態に関与する2型炎症反応を抑制することから、臨床試験で認められた本剤投与前の2型炎症に関連するバイオマーカー(血中好酸球数、FeNO、IgE等)の値と有効性の関係を十分に理解し、患者の当該バイオマーカーの値を考慮した上で、適応患者の選択を行うこと。
【用法及び用量】
〇気管支喘息の場合
通常、成人及び12歳以上の小児にはデュピルマブ(遺伝子組換え)として初回に600mgを皮下投与し、その後は1回300mgを2週間隔で皮下投与する。

〈用法及び用量に関連する使用上の注意〉(一部抜粋)
○疾患共通
注射部位反応が報告されているので、投与毎に注射部位を変えること。[添付文書の【使用上の注意】「7.適用上の注意」の項参照]

SAJP.DUP.19.05.1040