Expert’s Discussion

座談会一覧
Type2炎症の機序と重症喘息治療における
生物学的製剤の役割
デュピクセントの作用機序において重要なIL-4/IL-13の基礎的知見、重症喘息治療の臨床における課題とデュピクセント治療への期待について議論していただきました。
詳しくはこちら
難治性喘息における
IL-4/IL-13の作用とデュピクセント治療の役割
難治性喘息におけるIL-4/IL-13の作用とデュピクセント治療の役割について基礎および臨床からの知見に基づき議論していただきました。
喘息病態におけるType2炎症とIL-4/IL-13を標的とするデュピクセント治療の意義
喘息の病態におけるType2炎症に関連する細胞やサイトカインの意義、デュピクセントの臨床効果と最適な患者像をテーマにディスカッションしていただきました。
Type2炎症を標的とする重症喘息治療の進歩と期待
デュピクセントの気管支喘息治療における位置づけについて、基礎的知見と臨床エビデンスを中心に議論していただきました。
Type2炎症の病態理解と新たな治療戦略
喘息の病態におけるType2炎症に関連する細胞やサイトカインの意義、デュピクセントの臨床効果と最適な患者像をテーマにディスカッションしていただきました
MAT-JP-2000456-1.0-06/2020